HOME

美容外科での気になるあご削りの施術方法とは

自分の顔にコンプレックスを持っている人はたくさんいるものです。そんなコンプレックスを何とかしようと、メイクでカバーしてみたり顔やせダイエットにチャレンジしてみたりする人もいますが、あごやエラなど骨格に関する悩みは自分ではどうしようもできないものです。同じ美容整形でも二重まぶたやほうれい線に対する手術とは違い、あごやエラの手術には抵抗を感じてしまうという人も少なくないでしょう。とくにあごが出ていると、「しゃくれ」と呼ばれてしまったり男っぽいイメージを持たれてしまうため、強くコンプレックスを感じてしまうものですが、美容外科であご削りをするとそんな悩みを解決することができます。口の中を切開して施術されるため、傷跡が残ることもありません。あご削りの施術方法にも数種類あり、先端を削って形を整える方法や、真ん中部分だけ削ってあごの長さを短くする方法が主流です。施術後は2週間から3週間ほど腫れが残りますが、時間の経過とともに消失します。すっきりしたあごは、女性らしさの象徴となるだけでなく、人に与える印象にも大きな影響を及ぼすものです。長い間自分のあごにコンプレックスを抱いてきた人は、自分の力ではどうしようもできないからこそ、美容外科でのあご削りがオススメです。

Choices Posts

あご削りをすることで理想の輪郭を手に入れよう

皆さん輪郭にコンプレックスを抱いていませんか。瞼や唇などは今の時代簡単なものとなりましたが、あご削りなんかは美容外科まで足を運んで大きな手術をする必要があります。 そもそもあご削り…

≫more

あご削りを考えているなら美容外科にお任せください

毎日、朝起きて顔を洗う時に食事をして歯みがきする時に夜寝る前のお肌のケアに1日の中で鏡で自分の顔を見ることは意外と多いのです。 そんな時、もしあごがもっとすっきりとしていたらと考…

≫more

美容外科での気になるあご削りの施術方法とは

自分の顔にコンプレックスを持っている人はたくさんいるものです。そんなコンプレックスを何とかしようと、メイクでカバーしてみたり顔やせダイエットにチャレンジしてみたりする人もいますが、あごやエラなど…

≫more

この目立つ長いあごを美容外科であご削りして解消したい

鏡を見るたびに目を引く部分はまずコンプレックスな部分です。例えば腫れぼったい瞼や低い鼻などそれぞれ人によって沢山ありますが、例えば長く伸びたあごはその最たる部分です。あご削りをしてすっきりさせた…

≫more