HOME

あご削りをすることで理想の輪郭を手に入れよう

皆さん輪郭にコンプレックスを抱いていませんか。瞼や唇などは今の時代簡単なものとなりましたが、あご削りなんかは美容外科まで足を運んで大きな手術をする必要があります。
そもそもあご削りはどのような手術をするのかも、わからないことがたくさんあります。あごの部分によって手術法は変わってきますが、あご削りは大きく分かれて2種類あります。あごの付け根にあるえらといわれる部分を削る手術とあごの先を削るものです。タイプによって手術法は変わりますが行うことで、すっきりとした小顔効果が期待されます。
ですが骨を削るということはある程度術後に注意点が存在することになります。しかしそんなに大きく縛るものは一つだけになります。それは術後のあごを抑えるフェイスバンドを付けることだけとなります。またあごの手術をするということですので、固いものを控えるくらいとなります。
あと皆さんが気になることといえば、手術の時間ではないでしょうか。受ける美容外科にもよりますが、だいたい1日で完了するところが多くあります。
おそらく少し前までは、1日でできるような手術ではなかったはずです。今の時代になって簡単にできるようになったので、強い理想をお持ちの方はぜひ試してみてください。

Choices Posts

あご削りをすることで理想の輪郭を手に入れよう

皆さん輪郭にコンプレックスを抱いていませんか。瞼や唇などは今の時代簡単なものとなりましたが、あご削りなんかは美容外科まで足を運んで大きな手術をする必要があります。 そもそもあご削り…

≫more

あご削りを考えているなら美容外科にお任せください

毎日、朝起きて顔を洗う時に食事をして歯みがきする時に夜寝る前のお肌のケアに1日の中で鏡で自分の顔を見ることは意外と多いのです。 そんな時、もしあごがもっとすっきりとしていたらと考…

≫more

美容外科での気になるあご削りの施術方法とは

自分の顔にコンプレックスを持っている人はたくさんいるものです。そんなコンプレックスを何とかしようと、メイクでカバーしてみたり顔やせダイエットにチャレンジしてみたりする人もいますが、あごやエラなど…

≫more

この目立つ長いあごを美容外科であご削りして解消したい

鏡を見るたびに目を引く部分はまずコンプレックスな部分です。例えば腫れぼったい瞼や低い鼻などそれぞれ人によって沢山ありますが、例えば長く伸びたあごはその最たる部分です。あご削りをしてすっきりさせた…

≫more